TOPページ    信頼出来る Goal keeper   GKコート
コーティングの目指す役割を充分に果たす為のコーティング
 硬軟二重被膜が理想の被膜構造を形成
   先ず下地を完全な鏡面に整える。(研磨処理)            

■鏡面処理後の塗装を硬質のシリカガラスでコーティング。   

・・・ココまでがごく一般的なガラスコーティング
!!   
  
GKコート  は・・・・

GKコートの説明画像

昨今よく耳にする「無機ガラスのコーティング」だけでは車のコーティングとしては不完全です。
施工直後の雨も「GKコート」なら気にする事なくご使用頂けます。
GKコートは「ウオータースポットZERO」を目指し、実現に大きく近づきました。


コーティング後のメンテナンスは こちら を
こだわりの二重構造ポリマー 現実環境に耐える為のコーティング

アンダーコートの上にプラスチック(フッ素樹脂)とシロキサン樹脂の混合体ポリマー「タンタルU」をコーティング。
弾性のあるやや軟質の被膜で様々な外部からの衝撃を受け止めます。
トップコートの弾性被膜は衝撃を吸収し、下層のアンダーコート及び塗装本体を保護します。
コーティングの表面には必ず傷が付きます。硬いガラス質の被膜でも例外なく傷が付きます。
むしろ硬い方が深い傷が付く事も有ります。
それに膜自体は硬い方が薄いので塗装本体に到達する傷も多くなります。
トップコートの「タンタル」にはプラスチックの弾性が有り、ガラス質だけよりも数倍の膜厚を有します。
比較的柔らかい被膜ですので傷を受けた部分の再生(再施工)もトップコート層の張り替えだけで済みます。
トップコートの再生だけで済むので塗装本体を無駄に削る事も少なくなります。

  耐酸性・防汚性・耐擦り傷性に優れたコーティングです。


(※トップコート(タンタルU・Gk-Max')成分中のフッ素樹脂には有害物質 PFOS/PFOA は使用していません。)

■シリコーン(有機ポリシロキサン)
シリカやケイ酸塩と同じSi-O-Si結合を主骨格とし、有機基で置換された構造の有機/無機混成型ポリマー。
耐熱性、耐寒性、耐候性、化学安定性、電気絶縁性、はっ水性、離型性などの優れた特徴を持つ。
食品、化粧品、医療、自動車、建設、航空機・ロケット産業などの分野で利用。
こだわりの二重構造ポリマー  GKコート   現実環境に耐える為のコーティング

シロキサン樹脂ポリマー「SG2006」とフッ素化コート 「タンタルU」の二液を使用します。
「SG2006」はオルガノシロキサン混合物(アルコキシランなどの珪素化合物)で塗面の改質(硬度を上げる等)及び保護に効果があります。
(鉛筆硬度7H相当の比較的硬い被膜を形成します。)
「タンタルU」はシリコーンレジンの一種シリコーンワニスとある種の合成樹脂素材を反応させた特殊樹脂を 使用した全く新しいコーティング剤です。
柔軟性のあるガラスとプラスチックの混合体的性質を持ち、光沢も良く、雨による酸化クレーターや 鳥の糞等の害にも良く耐えるコーティング剤です。
タンタル(TANTALUM)コート
TANTALUM   GKコートのトップコートに採用したフッ素化コート「タンタルU」の単独コーティングです。
タンタルUの一層コートですが防汚効果はGKコートと同じです。但し、耐久性、塗装面へのキズ防御性能はやや劣ります。
洗車等の管理が十分出来るお客様にお奨めのコーティングです。
施工したその日から雨を気にせず使用できる初期安定の早いコーティングです。 

-------施工後の市販メンテナンス剤について-------

コーティング施工車用メンテナンス剤などの名称で市販される商品がが有りますが、コーティングにはそれぞれ独自の効果特性が有りますから、
他の成分を含むメンテナンス剤の使用は効果に重大な悪影響を与える事があります。
コーティングの効き方は最上層の特性により撥水(疎水)性・親水性・帯電性等が決まります。
トップコートの「タンタル」の性能を充分に活かす為には施工後は他社製のメンテナンス剤やコーティング剤の上塗りは厳禁です。

車のコーティング技術は日々進化しています。予告なく仕様変更する事があります。
------------------------------------------------------------------------------
2010/6/30を以てチタンガードYポリマーの施工を終了しました。
尚、保証期間中の保証内容は期限まで有効です。

施工後のメンテナンス

施工後のメンテナンスは洗車(手洗い・機械洗車)だけです。
洗車の後の水は必ず乾かない内に拭き取って下さい。(水道水カルキの固着防止)夏期の洗車は特に乾きが早いので日中の炎天下での洗車は避けて下さい。
拭き取りはキズの付かない布か合成セームをお使い下さい。(綿のタオルはキズが付きます)機械洗車の場合は布洗車等最新のキズの付かない機械に限ります。
洗車設備の状況等で洗車が直ぐに出来ない場合は雨が上がった時の雨水を拭き取る方法がお薦めです。
(但し、泥汚れが有る場合は必ず水で洗って下さい)
コーティングの防汚効果はトップコートの特性で決まります。
GKコートは気象状況による汚れやシミが最も少なくなる被膜特性を設定しています。
他社でよく有るメンテナンス剤は不要です。(本来のコーティング特性が損なわれます)
又、同じ理由からコーティングの上に他のワックス等は絶対使用しないで下さい。

洗車回数が極端に少ないと汚れ落ちが悪くなります。水洗いだけで落ちない汚れが付いた場合はカーシャンプーなどの洗剤を使い下さい。
(市販の物で可)
タールピッチが付いた場合も早い内はシャンプーで落ちます。
硬くこびり付いた時は市販のピッチクリーナーを使用するか、当センター迄ご来店下さい。

                                                              posto.gif (2656 バイト)ご質問予約